娘の霊媒体質?に感づいている母親

その母親は
拝み屋さんショッピング
(現実には半数近くの人が
なんらかの形で
そういうものとも接しています)を
するような方で

保健所のグループなどに
通っている人には
悪い因縁がついてるから

娘さんに
あなたに移ってしまうと
いけないから
行かないようにと
言っていた。

過呼吸発作も
病院のカルテを破るような暴挙も

すべてグループ参加で
感染したものだと
言うのだ。

グループの方々の名誉のため
書いておかねばならないが

そこの他の成員はみなおとなしい。

しかし
心的感染に気づいている点は
なかなか優秀である。

ウイルスのように
単純でわかりやすい感染
(A → Aとか A →A’とか)をするのでは
ないから

ちょっと複雑だが

過呼吸発作の起こるとき
暴れるとき

確かに前兆がある。

スタッフとの間に起こった
普通の人には見えない  ←見え出すと無視できなくなるが…
不穏な空気に

踊らされてしまうのだ。

霊がいるのではなく

高すぎる感受性を
もてあましているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です