ADHD病理の実際

自分の臨床能力のなさに
直面するのが
おそろしい臨床家は   ←自我が弱い

目の前にいるクライエントの説明を
きちんと聞くのが怖い。 ←人の話が聞けない

だから
聞かないようにする。  ←わがまま

できたらパソコンに向かって
顔を見ないようにして  ←無礼
できるだけ接触を減らす努力をする。  ←任務放棄
 ―他の科ではありえない。
それでもぬぐいきれない不安は
仲間(学会)にクライエントの悪口を
傾聴してもらうことで  ←公私混同
解消する。

場合によっては
自分でも抗不安薬などを使う。 ←薬害無理解の証

知性も五感も麻痺してくるから

日に日に自分がなくなっていく。 ←離人

自分がありあまる
(PTSD克服は
その人を個性化させるから)
PTSDクライエントには

コンプレックスを刺激され
耐え切れない。

実は相当追い詰められていて
余裕がなく
注意力散漫だから

流行の診断名を
よく考えないで
そのまま使ってしまう。

そういうのを
注意欠陥性多動性障害
(ADHD)と言います。

日本では
大人でも罹るし
精神科医でも
よく罹ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です