ハングマン問題とユング心理学&精神医学

高校教師が
誤答に首吊り絵を
描いたことで
波紋をよんでいます。
欧米圏では
「正」と書いていくかわりに
ハングマンを描いて
ゆくのだそうです。
しかし
郷に入っては郷に従え
大事な生徒に哀しい思いを
させてはなりません。
文化的暴力になります。
その気がなくても
良かれと思って
教えてあげたのだとしても
時に文化差は
脅威となります。
553日本に入ってきた
陰陽五行説に
辺境の日本のインテリは
ショックを受け
そのトラウマ防止のため
中国文化を精力的に取り入れ
かつオリジナルなものにしながら
文化のなかに定着させ続けて
きました。
それで
漫画など個性的な日本文化が
花開いたのです。
いくらジーンズをはき
茶髪にし
マクドナルド食べてたって
英語を話せるようになったからって
「死」についての
イメージに大きな差が
あることが
ここではっきりしました。
ユング心理学や
ドイツ精神医学をそのまま
日本人にあてはめ
うつ病や
わがまま扱い
発達障害扱いする
こころの研究は
完全に間違っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です