大縄とびをしながら社会適応を学ぶ

にぎやかな遊びですね。
PTSD研究家翠雨の日記
縄なんて
昔はありふれたもの
だったのでしょう。
しかし
結界にもなるし
変容の象徴の蛇さんを
見立てたものにも
なります。
ちょっと宗教的です。
慣れてないと
入るのは勇気が要りますね。
 ―迷わず入れるつわものも
 いますが…
タイミングも大事です。
これは
いろんな集合に
適応するのと似ているような
気がします。
みんなと同じように
飛ぶのは
結構楽しいですね。
一体感を感じます。
しかし
大勢で遊ぶ場合
控えている人がいますから
ある程度飛んだら
縄の外にでなければならないですね。
このときもタイミングが
ありますね。
偶然発生した遊びでしょうが
日本人が集団に適応するときに
大事な機微を
遊びを通して
教えてくれているような気がします。
そういう無意識的表現
この国には多いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です