「ギブ・ミー・チョコレート」の【解離】

「敗戦の2.3日後には
進駐軍があふれた。
ほんの一週間前まで
”鬼畜米英”と
刺し違え死ぬつもりの私達は
すっかり
米兵の魅力にとりつかれ
お土産いっぱい持って
毎日来るあの人達と仲良くなるのに
時間はかかりませんでした」
  ―『敗戦を抱きしめて』の読者(84歳女性)

敗戦は
日本全体で受け止めたショックです。

天皇陛下は
PTSD予防ワクチンとして
薬ではなく言葉が効くのです)

「耐え難きを耐え
忍び難きを忍び」と

諭したのです。
 ―これは【否認】の禁止です。

現状に直面する流れになり
甘いお菓子と【解離】
過剰適応という事態を作り出しました。

このことを
いつか考えなおし
先に進むために
何度も笑い話のように
語り継がれているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です