『愛と誠』とPTSD

ヒロイン役の女優さんが
亡くなったそうです。

PTSD研究家翠雨の日記

【至誠】というのが
日本の哲学としては大事だそうです。

愛が誠に至る秘訣でしょうね。

幼い頃
ヒロインの命を救った時
額に大きな傷を負ったばかりでなく
両親や自らの人生さえも
壊された
誠のトラウマが
主人公みたいな
PTSD物語です。

怒りに支配され
暴力の連鎖に巻き込まれ
非業の死を遂げました。
―それで【非暴力】のガンジー家の
  手紙をタイトルにしたのかな?

ヒロインは献身的に接したし
ヒロインを陰から支える岩清水弘は
「君のためなら死ねる」と      ←死ぬ気(象徴的にですが)で!
優等生なのに不良高校に行ったりしたのにね。←常識破り
 ―優等生(常識の守護神)では
 PTSDは救えないんですよネ。
 デタラメ臨床家は昔の優等生ばかりですよ。
 

これだけの
ありえないことのオンパレードをもってしても
怒りに支配された誠のこころは
救えませんでした。

PTSDの雛形みたいなものです。

非行問題を考えるときは
こころして
取り組まねばならないでしょう。

ましてや
トラウマぬきでは
国際級マフィアを
量産してしまうかも…あせる

0 thoughts on “『愛と誠』とPTSD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です