NHK北山修・最後の授業① 精神分析はユング心理学を凌ぐか

PTSD研究家翠雨の日記

今夜10時25分からです。

北山修は

精神分析に必要なのは

想像力を働かせ
心の裏を読み取り
言語化する
ことだ

と言います。

PTSDに必要なのは
まさにそれですね。

精神分析というと
私のイメージは
何でも性的解釈する
記号論の硬い手法   ←象徴論より狭い
しかも上から目線の
権威主義的な感じが強かったのですが  ←西洋では大事ですが

時代とともに
進化したのかもしれません。

無数の星のなかから
おうし座を想像した
古代人の感性で

表面的に現れた人のこころを
掬い取ろうとするような
壮大で
ロマンティックで
繊細なものを軸にするように
なったのなら

精神分析は
日本のユング派なんかより
はるかに
PTSDの味方になってくれるだろう。

なんせ
陰陽五行説によって描かれた
神々と星座の世界観が
カビだらけになりながら
隠蔽されていた事実を目の当たりにして
 ―ユング派も学問的に
  そういうことしてるから
  堪えた…

急性ストレス障害に倒れ
一年後
死に至ったのが

ユング派の大親分だったのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です