『チャングム』第十二話 薬害

王の子どもに
麻痺・硬直がみられ
宮中は大慌てです。

漢方医にみせ
食事を調べますが

原因がわかりません。

平成日本なら
ここでお手上げ

専門職のプライドガタ落ち
ですから
無意識的な防衛機制が
働き

「様子をみましょう」
(そのうち治ります)

目の前に麻痺した人がいたら
不安になると思いますが

感情の【解離】が起これば  ←専門家の精神分析が必要です。
平気になるんです。

遠巻きの世間には
その緊迫感がわかりませんから

「わがまま?」
「いつも贅沢してるから」 ←日頃抑圧してる感情が出ます。

しかしこのドラマには
チャングムがいて
【食べ合わせ】による毒だと
自分の身体で
確かめ
原因究明しました。

王家には外国の珍しいものも
入ってきますから
実は危険なのです。

PTSDに対する投薬ですが

せめてそれだけ飲めばどうなるか
考えてほしいなと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です