『祈りナガサキノート2』もっと傾聴を!

PTSD研究家翠雨の日記

長崎で原爆に遭った人々の
証言をあつめたものです。

三輪明宏さんは

「この世の終わり
人類が滅亡したようだった」と

語っておられます。

それが
脳裏にこびりついて
離れない。

それが創作の原動力に
なっているそうです。

創りたいから創っているのでは
ないのです。

創らずにはおれないのですね。

戦争PTSDの方々の表現される
幻も
同じものだと思います。

必要があって生まれたもの

声を聴いてほしくて生まれたもの

癒されたくて生まれたものでしょう。

もっともっと傾聴を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です