『竹取物語』ツバメの巣は西田哲学の【平常底】

ツバメの巣を作られたら

都会人は眉をひそめるかな…

おしゃれなカフェにできたら
宮沢賢治だって
それを放置できないだろう。

保健所が飛んでくるかもしれないし
お客さんの洋服を汚すかもしれないから…

糞害がありますからね。

でも昔の人は
縁起がよいと言います。

その家は繁栄するとか。

PTSD研究家翠雨の日記

きれいはきたない
きたないはきれい

色即是空 空即是色

【陰陽】ですね。

どこにでもいるようなツバメですが
その生態はよくわかっていません。

『竹取物語』のツバメの象徴的意味は…

例えて言うなら
ツバメのようなありふれた日常的なもの  ←【平常底】
取るに足らないものについて          理想と現実をつなぐもの
(気になることでよいでしょう)         (陰陽)

きれいとかきたないとか
好きとか嫌いとか
損とか得とか             

そういうもの(感情)を離れて
観察したら

自分にとって大事なコトが
分かり
自己実現できるということを
教えているのだと思います。

その後で
巣を置いておくか撤去するかは
現実的に判断したらよいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です