こころのケアに向かない現状の臨床心理士

こういう指摘もあります。

○小沢牧子(2002)
 心理産業は
相談者のための援助
相談者を中心とした支援を
標榜しながら

実は
一段上から相談者を見下ろし
相談者本人の思いや
実際の生活のあり方を軽視する。

 臨床心理士などの
資格認定機関をつくって
「こころの専門家」を増やし
心理産業を反映させようとするのも
専門家自身のためにすぎない。

上から目線目
傾聴しない姿勢叫び

確かにあります。

★PTSDを前に
二次被害
(症状だけでも苦しいのに
専門家の無理解に苦しむ)より

二次受傷
(傷ついた人と関わると
その人も傷つく)を

重視する姿勢

★資格化のための研究頓挫

気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です