朝日新聞『獅子頭』第百三十四話 魂のチューニング・イン

「一夜凍えただけで
こんなにも
乱暴になるかね?」

家に居たくないので
野宿し
朝になって
知人の家を
(普通に)
訪れたつもりが
返ってきた言葉が
これです。
自分では意識してなくても
寒さと心の飢餓感が
限界に達してたのでしょうね。
つい力が入ったのです。
自宅でゆっくり
朝を迎えた人とは
相当温度差があります。
PTSDの方々とお会いして
まずすべきことは
この琴線のチューニング・イン
でしょうか。
無意識で調弦してますが
見えない臨床家には      ←昔は「盗め!」でしたが…
教えてゆく必要があるかも
しれません。
すぐ【人格障害】とか【発達障害】って
原因を考えようとしませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です