秋葉原事件加藤智大被告の精神鑑定の信憑性

加藤智大被告(27)について
「被告は
不満を暴発させることを
幼少時から繰り返しており     ←こうなるには心因があるハズ!
事件も典型的行動だった」とする
捜査段階の精神鑑定書が
朗読されました。
鑑定医は
計16回の面接調査や心理検査をもとに
事件時の精神状態を診断し
精神障害は認められないと
結論付けましたが         ←じゃあ、爆発衝動は何ですか?
弁護側は
「何らかの
精神障害の可能性がある」     ←爆発衝動には意味がある
「推定部分を断定的に
書いている」
として
鑑定の信用性
争う姿勢です。
心理検査って
どんな人が
どんなのを行ったのでしょうね。
心理検査にだって
ラポールは必要ですよ。 ←こころに橋をかける  
(教科書的常識です)
ラポールとは
こころが自然に
自由に交流するような
人間関係です。
そういう人間関係で
検査を行った検査者ならば
検査結果の解釈も
おのずと違ったものになるはずです。
無意識的な
防衛機制【解離】が見えるはずです。
【解離】が見えたなら
【PTSD疑い】って書くはずです。
そして
『トラウマ&心因は何だろう?
そう言えば
子どものとき母親に
床にぶちまけた食べ物を
拾って食べさせられるなんていう
屈辱を受けてたな…』
加藤被告をもっと
大きな視野から理解しようとするはずです。
弁護側に手紙書きたい…恋の矢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です