閑さや岩にしみ入る蝉の声

虫の息とか言います。

比喩的に
人間にも虫みたいな
こころあります。

全く虫の話なら
誰が感動しますか?

虫が好かん!
馬が合わん!

どの虫ですか?
どこの馬ですか?

虫唾?
なかなか凄い言葉です。

見えないけど
確かに存在します。

セミは
虫偏に単
単ってのがいいですね。
一人・独り

地中(集合的無意識)から
やっと出てきて
短い命を精一杯生きてるんですね。

なるほど
万人が
感情移入するわけだ。

岩はさしあたり
硬くて動かない
太古からあるものですかね。  ←私もコレと死闘中!

はかない存在が
精一杯鳴く声が
石頭に染み入るとき

しずかーな
心境になるのかもしれません。

昔の人も
巨悪とひそかに闘ってたんだなぁ。

やさしさを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です