『チャングム』第十六話 老女のPTSD発作

寺で
療養中の
宮中女官が
発作で苦しんでいます。
①幼い頃に両親が亡くなり
②兄と一緒に物乞いをしていましたが
③ひもじくていつも泣いていたら
兄が一握りの
お米をくれました。
それを夢中で食べてたら
兄が寝てしまい
起こそうとして気づきます。
④兄は死んでいたのです。
年老いて
⑤死期が迫り
発作が起きているという
設定です。
①~⑤のトラウマによる
PTSDですね。
兄にもらった米
(生なのにもちもちしている)を食べて
兄の所へ行きたいと願う老女のために
その米を探してあげます。
 (新米日に干しついた特殊なものでした)
小手先&小細工の通用しない
癒しの作業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です