大阪ラーメン店100万円置き去りおじさんと虐待事件

大阪市住之江区のラーメン店
「麺匠味冨久
(めんしょうみふく)住之江本店」で

先月27日

男性客が
「これで子どもたちにラーメンを食べさせて」と
100万円を置いて立ち去ったそうです。

翌日にはこの男性から
念を押す電話もあったと
いいます。

店側は拾得物として
府警住之江署に届けると同時に
8月2日から6日まで
1杯650円のラーメン計1,540杯を
高校生以下の子どもたちに
無料提供しました。

子どもたちは「お礼が言いたい」と
「100万円おじさん」を捜しています。

 
男性は30代くらいで
眼鏡をかけていたそうです。

大阪二児遺棄死事件の
予兆とも言えるし       ←風潮を感じての行動
この善意のさなかに発覚した事件とも
言えますね。

いくら隠蔽したって
よいことも
わるいことも
伝播するんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です