心病む先生への復帰プログラム最前線

精神疾患を理由に
休職する教師は増加

10年前の3.15倍

東京は
休職率が高く
復帰しても休職するケースが
後を絶たないので
6月ごろから
積極的に動き出したそうです。
―現段階で書くのは小利口だね恋の矢

どんなやり方か拝見目

子どもたちへの恐怖や
教職へのトラウマ
まずおさえる。

これ合格ひらめき電球
 ―実際にはその背景に
 もっと古い爆弾があるかも知れませんが…

トラウマをどうするか?

いわゆる【慣らし】で
【行動療法】のようです。  ←こころは見えないから
               行動をプログラミング!

チェックするのも
臨床心理士や精神科医    ←行動療法家でしょう?  
校長ですから…

うーん…

尾木直樹法政大教授も
対症療法にすぎないって
書いてます。

現場事情の隠蔽率
(不登校はゼロとか
 いじめはないとか
 教師は身体的疾患で休んでるとか)は
低下し

とりあえず
「やってます」って
【パフォーマンスしなきゃ強迫】  ←バッシング受けたトラウマ

トラウマって言葉が出てきたのが
進歩かな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です