水害に遭うと大哲学者になる

パラケルススは
PTSD研究家翠雨の日記

タロットカードの魔術師のモデルになるような
存在です。
PTSD研究家翠雨の日記

胡散臭いとかいう意味ですが

この魔術師
右下
(自分の源泉である過去)を
ふりかえることを忘れていません。

そして

『妖精の書』の中で
四大元素の中のひとつ
水を司る精霊
ウンディーネを
つかみました。
  ―Unda(波・水)+形容詞語尾(-ine)で
   波の者という意味です。

これは芸術家のこころに響き
『ウンディーネ』の物語になり
多くの人のこころをとらえて
います。

パラケルススはなぜ
こんな感性をもつことができたのか?

   …

父親は
たましいの秘密に関する研究を   ←錬金術
していたので
赤貧を味わいます。        ←つらいものですよ。
9歳の時の母との死別
大水害に見舞われています。

見慣れた故郷が
裏返された
風景のようによそよそしい異郷に
変貌してしまったのです。

パラケルススは放浪しながら  ←故郷や母親的なものの回避
大医学者になっていったのです。
 ―古代の医者ケルススを
  超え(パラ)たのです。

水害が各地で多発してますが
PTSDの温床です。

哲学者にならなければ
生きてゆけないほどの
トラウマになるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です