臨床心理士国家試験のミステリー

臨床心理士は嫌いなので

試験の詳細は知らないのですが

時間とお金とエネルギーが
必要です。

アメーバ筆記試験ですが…

心理検査部門の代表選手は
ロールシャッハ・テストでしょう。

臨床心理士は
軽く無意識的ショック受けた時の
反応なんかみてるクセに

【解離】は見えないんですかね。

フロイトの精神分析のうち
無意識の防衛機制は
基本中の基本でしょう。

理学療法士の国家試験でも
毎年出題されてますよ。

フロイトといえば
トラウマの抑圧でしょう?

思考や行動の脱線は
トラウマによるものでは?って

人格障害とか言う前に
まずそこを疑うのが
筋でしょう?

そして
アメーバ口頭試問が面白い!

なんと威圧面接するらしい。

ストレス耐性試験ですね。

それがトラウマになって
(そもそも何らかのトラウマに引き寄せられて
この業界に来る人は多いし)

クライエントへの無理解が完成するのか…

非合理とかつべこべ言わず
トラウマに耐えろ!
…ですか。

試験は緊張しながら受けますから
催眠効果高いんですが…

虐待されたら
虐待するようになることがある。

それが理解できないのは
トラウマのせいか… 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です