ひまわりの合唱と原爆の日の長崎

$PTSD研究家翠雨の日記

長崎は
65回目の原爆の日を迎えました。

核兵器保有国の
英仏両国が初めて代表を送るなど
過去最多の32カ国の代表が参列

6日の広島に続き
核廃絶を模索する
世界的な流れができつつあることを
確認する場となりました。

米国は
6日の広島の式典では
大使が出席したのに
今日は参列しなかったようです。

意味深ですね。

なぜでしょう?

【合理化】は
【解離】に繋がる発想です。
その背景にある理由を否認すると
おそろしいことになることが多いので

明示していただきたいです。

どうしようもないことは
あるけど…

ひまわりですね。
合唱ですね。

どうしようもない時は
象徴的なものが
癒しを与えます。

微力ですが
じわじわ効いてくるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です