キューブラー・ロスにとっての精神分析と投薬治療

投薬に関しては
クライエントの
文化的・家族的な背景に対する考慮なく  
薬に頼りすぎていると
感じ

傲慢で権威主義的な
精神分析家に

彼女はなんと
「意味不明」
言語障害」と断言されています。

のちに
もう少し相性のよい
分析家と出会い
自分の強情さと
自立心の強さに気づいた   
ようですが

精神分析には期待しなくなります。

また
論文本数がすべてをきめる
学会の体制にも
相当辟易していたようです。
 ―その過程で人間性を失い
  クライエントに横柄になる…

彼女も
相当なあつかいを受けたようですねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です