今夜は御巣鷹で灯籠流し

乗客乗員520人が死亡した
1985年の
日航ジャンボ機墜落事故から
25年となります。

今夜は
墜落現場の「御巣鷹の尾根」の
ふもと
群馬県上野村の神流川で
遺族らが慰霊の灯籠を流し
犠牲者の冥福と空の安全を祈ります。

明日は
早朝から
遺族や関係者が尾根への慰霊登山です。

PTSDの治療や予防に大事なのは
第一に忘れないこと
第二に文化や宗教観を
考慮することです。

灯篭流しの中に
日本人の
死生観があります。

この四半世紀の
分析心理学の日本への輸入は
失敗に終わりました。

御巣鷹の灯篭流しを見ながら
もう一度
原点に還り
今度こそ
成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です