臨床心理士は本当に国家資格化する気があるのか?

9月になれば
心理臨床学会の大会が
行われる。

研究発表のほかに
学会企画シンポジウムなんてのが
いくつかあって

『国家資格問題について』
というのもある。

国家資格化への可能性が
年々低下しているのは
火を見るよりあきらかだが

資格化への熱望は

もはや新興宗教と
どこが違うのだ?という
レヴェルに達している。

すでに【臨床心理士】資格取得者は
相当いるわけだが

この【臨床心理士】がそのまま
国家資格になる可能性は
すでに閉ざされている。
(可能性ゼロ)

なので
譲歩の段階に入り

抄録には
譲歩案を
5つほど掲げているのだが

見つけてしまった。

 3.他職種との連携を重視する。
但し、医療機関においては医師の指示を受ける。

撃沈したいのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です