NHK朝ドラ次は「おひさま」

戦前から戦後の混乱期の
長野・安曇野を舞台に
そば屋に嫁いだ女教師の一代記

ヒロインに抜てきされた
井上真央さんは

「何があっても笑顔でいる
ヒロインが
周囲を明るくする物語」と
説明しています。

PTSD研究家翠雨の日記

こころの問題を
長らく考えてきたわけですが

よくは知らない戦争の問題が  ←集合的無意識
大きいような気がします。

それを
戦前から
見直そうってこと
かもしれませんね。

また
おひさまは
アマテラスをイメージします。

日本のお母さんは
人間でありながら
アマテラスの投影を
否応なしに受けますからね。

天皇陛下万歳よりは
おかあさーんって
兵隊さんは亡くなっていった
わけですし…

アジャセコンプレックスなんて
母親に対する
大いなる甘えですよ。

根本から錯綜してるんです。
単純じゃないんです。

そこを否認しないで
確認し
やり直せるときにきたのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です