『カラマーゾフ』キツネ憑きという名のヒステリー

父親フョードルが
三男アリョーシャに言います。

おまえのお母さんは
おキツネさんだったが
おれは一度だって侮辱したことはないぞ!

すると
アリョーシャは
かつての母親と同じように
ヒステリー発作を起こします。

フョードルは
生前の妻と異常なくらいに似ていることに
打ちのめされました。

   …

ヒステリーって
普通に書いてあります。
 ―今はPTSDって言います。

うつるんです。
ウイルス感染ではなく
心理的感染です。

その現象は
あまりに強烈なので

昔はキツネや悪霊が憑依したと
信じられていましたし

今は演技であると誤解されたり
します。
 ― 転じて
   性格が悪いとか
   目立ちたがり屋だとか…

実際は
そんな計算する余裕どころじゃなく
本人もこの【解離】症状に
振り回されているのです。

0 thoughts on “『カラマーゾフ』キツネ憑きという名のヒステリー

  1. 高雄

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログテーマに
    ドストエフスキーが加わり
    楽しみになりました。

    今、私はニーチェが最初に読んだドストエフスキーの作品『女主人』新潮社の全集では『家主の妻』を読み返しています。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >高雄さん
    全集ですか。
    凄いですネ。
    私はちょっと読んで、拡充(妄想)型ですから、お恥ずかしい…
    ヘンなこと書いてないか点検に来てくださいね。
    お願いします。
    教えていただいたのも読んでみます。
    (約束しちゃった!)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です