女性自衛官セクハラ裁判成功とPTSD予防

北海道の航空自衛隊基地で
同僚の男性自衛官から
わいせつ行為を受け
上司に退職を強要されたとして
元自衛官の女性が
国に損害賠償を求めた訴訟で
580万円の支払いが確定し
性的暴行について
「自衛隊内の階級的上下関係を
利用して行われた」と
認定されました。
上官の対応も
「被害を訴えた女性を厄介者とし
退職に追い込もうとする
露骨で不利益な扱いだった」と
非難されています。
★訴訟を起こさなかった場合
★敗訴した場合
   ―敗訴を恐れて
    訴訟しないのはダメです。
PTSDになる危険性が
高まります。
適切に判断されてよかったです。
裁判についても
間違った見解多いです。
日常的なことではないので
奇異な目で見られたりね。  ←欧米か?って…
PTSD裁判は
時期を見て
支援者や弁護士を厳選して
行うべきでしょう。
現在では
治療の一環かも
しれません。
こころの専門家が
ショボイから…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です