米バス事故家族の悲しみの対面を見守る人々

米西部ユタ州で起きた
小型バス横転事故で
遺族のうち6人が
昨日
遺体と対面しました。

駐デンバー総領事は
「深く悲しんでいる様子がよく分かった」

事故原因などについて
遺族から質問はなく

「心の中で(亡くなった家族と)
話をするのに精いっぱいだったと思う」と
思いやっています。

ユタ州知事も
別の予定を遅らせて
遺族を待ち

「みなさんの悲しみはわれわれの悲しみだ」と
弔意を伝えています。

思いやりは配慮のある
スマートな対応です。

ここからは
二次被害は生まれない。

DVシェルターで働くスタッフや
虐待対応のこころの専門家には

せめてこのくらいの対応を
常識としてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です