NHK解説委員まで自殺未遂に追いやる解離現象

昨日夕方

解説委員室副委員長の
影山日出夫さん(56)の机に
遺書みたいなものがあり
姿が見えないので

職員が探していたら

トイレで
首をつった状態で
ぐったりしているのが見つかりました。

言語能力が低いはずはないので
遺書を書きたかったなら
遺書らしく書いたはずです。

職場のトイレで死ぬなんて
悲しすぎますから
死に場所を選んだ
形跡もゼロです。

つまりは
錯乱し
余裕のない状態で
発作的に自殺しようとした
可能性が大です。

そんな行動に走らせた
ショックとは
一体何だったのでしょうか?

なぜいきなり豹変するのでしょうか?

類似事件も多いので
そろそろ知恵を出しあいましょう!

死んだらダメとか   ←ダメに決まってます。
そういうのは
もうやめましょう。

時代のテーマは
なぜ死ぬのか?です。

0 thoughts on “NHK解説委員まで自殺未遂に追いやる解離現象

  1. 高雄

    SECRET: 0
    PASS:
    翠雨さん はじめまして(?)

    いつも ブログを読み
    私の思考の参考にしています。

    ドストエフスキーを読まれますか。
    作品で特に 心を動かすものがありましたか。

    私は 「カラマゾフの兄弟」のグルーシェンカが好きです。

    彼の作品には 沢山の自殺者が登場しますね
    沢山の心の問題を 扱っていますね。

    それで コメントした次第です。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >高雄さん
    気が多いから、行動が支離滅裂で、うそつきで恥知らずと、これまた強欲な父親が言ってますね。
    【ヒステリー発作】に線引いたまま、感動したことを忘れてました。早速書こう!
    感謝感謝です。
    高雄さんも書いてください!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です