『チャングム』第十八話  陰謀と薬害

宮中の食事係の
最高女官が
流行り病で
隔離される。
他の病人は
ゼイゼイと
しんどそうだが
年老いた
最高女官は
かくしゃくとしたままで

「何の病気かもわからないのに
薬を飲まされている」

いぶかっている。
若い弟子たちすら
嘔吐も下痢も発熱もないのに
風邪じゃない。
おかしいと言います。
実は陰謀なのですが
今の日本の
精神科の薬害みたいです。
500年前の韓国と
同じレヴェルです。
雅子さまへの投薬
再考願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です