沖縄ひき逃げ事件 米女性兵士起訴とPTSD

3月
沖縄県名護市で
軽乗用車が
アメリカの軍用車に追突され
親子3人がけがをした
ひき逃げ事件で

アメリカ軍の兵士の26歳の女が
起訴されました。

軍用車を置いて逃げるなど
 ―逃げる意味がないじゃないですか。

動転の程度も
はなはだしいですが

宿舎で1人でウイスキーを飲んだあと
気分を晴らすために車を持ち出し
運転してしまったと   ←解離
言っています。

人殺しの訓練は
若い女性にとって
ストレス以外の
なにものでもないのでしょう。

理由をつけたところで
それは
【合理化】です。
  ―無意識の防衛機制

志願することからして
なんらかの不幸な理由があるはずで

少々のお酒を飲んでも
気が晴れないくらい
重いのでしょう。

そもそも
気を晴らすために飲むお酒は
不健康です。
依存症の疑いがあります。

軍人には不向きと烙印を押してもらい
本国でPTSD治療を受けるのが
いいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です