熊本の住宅地で小動物虐待相次ぐ

熊本市内の
マンションの駐車場や店舗前で
7月下旬から8月初めにかけて
内臓をえぐられるなどした
猫3匹と
首のないハトが
相次いで見つかって
いたそうです。
動物愛護法違反などの
疑いがあります。
動物虐待は
普通の精神状態では
できません。
何らかの
トラウマが
そういう行動に走らせている
はずです。
この攻撃性は
よほどのことがない限り
必ず発展します。
危険な兆候です。
この行為のみを禁止させたり
罰を与えるのではなく
傾聴&ラポールによる
手厚い治療が
必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です