箱庭療法学研究最新号

2009年2月号としての
発行が
すべてを象徴している。

時代錯誤なのである。

今年2月には
水面下で相当動きがあったにもかかわらず

【発達障害】についての研修会を行い
盛況だったと報告している。

サブタイトルは
イメージ以前・以後・外

発達障害の子の箱庭は
【象徴】が使えてないそうだ。

★象徴の意味がつかめてないのは誰だ?
★それは本当に【発達障害】か?

書評を見ても
トラッドなクライエントが
いつの間にか消えた焦り…

焦るのではなく
そこに直面し
何が起こっているのか
観察するのが学者だろう?

学会をつぶすつもりか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です