臨床心理士にはない鍼灸師の傾聴能力

朝日時代小説大賞受賞の
乾緑郎さん(39)は
鍼灸師

高齢者を家庭訪問しながら
マッサージや
機能回復の手助けを
しておられる。

話を聴きながら
その人の暮らしぶりを
頭に描き

「この人の腰痛は
夫婦間のストレスから
来てるんだな」と直観

それにあった治療法を
組み立てるそうです。

こころも傾聴しなくなった時代に

身体に聴く
 ― 心身一如

臨床心理士も
心身一如は知ってる。
「心身一如だ」って威張る。
しかしその先を追及しようとすると
「偉そうに!」        ←老獪な精神科医に言われた    
要するに
心身一如にあぐらをかくのが
スマートな世界…

深い知恵を有しながら
威張らず
当たり前のことを
当たり前にされる。

被災地でも
「トラウマが!」なんて
いきなりこころに土足で進入されるより
温かい手でマッサージしながら
「大変でしたね」とか言われるほうが
いいですね。
本音はそこで語られるものです。

貴重な職業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です