外務省女性事務官プッツンヘビー級ビンタで逮捕の病理

病院で
20代女性職員に

診断書の日付を変えろなど
むちゃな要求をし
大声で威嚇
キレて平手打ち
4日間のけがをさせたうえに

署の呼び出しを
約2カ月半無視し続け
逮捕された女性がいます。

90キロほどの巨体の
この女性
なんと外務省勤務の47歳でした。

「お仕置きをしただけ」とか
「被害者は社会人としてなってない」と
うそぶき
反省もありません。

被害女性のPTSDが心配です。

加害者は
普通ではないですね。

外務省では
日付くらい書き直さないと
「幼稚園児か!」と
指導を受けるのでしょうか?
 ―心情抜きに
 できなければ【発達障害】っていう
 どこかの集団と同じ思考

巨体の原因も気になります。
依存症の疑い濃厚ですね。

それにしても
凄い【解離】性格です。

どんどん凄い事例がでてきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です