宮古12件目の不審火とPTSD

昨日早朝

宮古市大通の
飲食店出入り口ドアの張り紙が
燃やされているのを

近所に住む管理人が見つけ
110番通報しました。

不審火のようです。

2月上旬から
市内で続く不審火は
12件となりました。

火はありふれたものですが
解離人格にとっては
魔法のような
万能を意味します。

アルコールに依存するように
リストカットに依存するように
暴力に依存するように
放火に依存します。

放火だけをとめることは
アルコール依存や
リスカやDVをやめることと同様に
困難な作業です。

犯罪ではありますが
(重罪に繋がりますが)
病理的現象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です