性的虐待通報に確証は要らない

児童虐待防止法で
そうなってます。

厚生労働省が
2008年度に行った
教員17130人への
アンケートによると

回答は
3734人     ←非協力的ですね。

虐待に気づき
対応したのは33人 ←1%

 17人が児童相談所に相談

 9人は確証がないと判断
  あとは
 子どもや家族が拒否したため
 学校で対応できるからなどの理由で
 通報しませんでした。

虐待から
PTSDになり
学習不振や対人トラブル
非行が起こると知ってたら

学校で対応できるとか
拒否されたからって
思わなくなります。

その子の人生がかかってると思えば
自分が勘違いで笑われても
(笑う人が可笑しいのです)
よいと思えるはずです。

虐待=PTSDくらいの認識で
ちょうどよいと思います。

統合失調症の発生率とも
偶然一致してますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です