情けは人のためならず

$PTSD研究家翠雨の日記
ずっとずっと昔に
凶作の年に亡くなった
大勢の子どもが
地獄で苦しんでいるから
お盆くらいは
綱で引っ張りあげてあげよう。
普通に考えたら
ナンセンスです。
でも伝統行事には意味が
あります。
昔の子どもを思い出すったって
知り合いでもあるまいし
顔も名前も知らないんですから
自分の無意識の中にいる
大昔の子を救うことに
直結しています。
普通に人助けをするのも
考えてみたら
そういうことでしょうね。
無意識では
人間はみな繋がってるなぁ
子どもたちの綱をみて
気づきました。
今どきは
インナーチャイルドって
いうんですかね。
頭が古いのか
ちょっとピントきませんが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です