お盆に集合的無意識にある戦争トラウマを想う

敗戦記念日は
お盆ですね。

盂蘭盆経に
こんなたとえ話が  ←象徴として読むのがお約束ドキドキ
あります。

インドでは雨季
虫がいっぱい沸きます。

日本人なら
キンチョ-ル叫びかもしれませんが

慈悲深い仏教徒は
なんと1ヶ月おこもりします。 
 (今の暦で7・15~8・15)

虫さんを踏みつけたら
死んでしまうから。

不殺生は本当に徹底しています。
どこかの心理集団みたいに
知識で知ってるだけではないのです。

その最中

神通力第一の目連尊者が 
 ―自分の頭で正しいことを見通す力が
 神通力
 神は神経の神くらいの意味です。
 うつ病じゃなくてPTSDとかね!
 普通の人に見えないのが見えるから
 そう呼ぶだけで
 オカルトじゃないんです。

亡くなった母親の姿を探します。
 ―瞑想中ってことです。
 虫も殺さないような
 宮沢賢治みたいな気持ちにならないと
 見えない無意識世界の観察

な、な、なんと!
餓鬼道に堕ちているではないですか?!

喉を枯らし飢えています。

慌てて
水や食べ物を差し出しますが
みんな炎になってしまい
母親の口には入りません。

辛くなって
お釈迦さまに  ←仏性=真の自己(誰のこころにもある)
相談しますと

「このおこもりの最後の日に
在家の修行者に食べ物をあげなさい。
その一部が母親の口に入りますよ」と
教えてくれました。

目の前の悩める人々を
本当の意味で大事にしたら 
 ―薬づけ&マインドコントロールじゃなくて ←オウム真理教叫び

集合的無意識にある
トラウマも癒されるってことです。

PTSDの人の声を
傾聴しましょう。

それが不幸な戦争で亡くなった方々の
御霊を癒すことに
つながるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です