古都と水都をつなぐ響き

PTSD研究家翠雨の日記

京阪電車の
京橋駅です。
 ―京都と大阪のです。

京阪線では

電車が発車するときの
合図が
 ―琴や鼓の旋律なのですが

駅ごとに違います。

行きと往り
でも違っていて

京都に着くと
低い旋律

大阪に近づくと
アップテンポで活気のある
メロディになります。
 
 ―なぜか
 旋律とメロディと
 区別したくなります。

全国どこでも
キティちゃんのお土産
というのと対極の
文化ですね。


京都では
寺によって
鐘の音が違ったそうです。

何で決めたか?

陰陽五行説に則り
寺のある方角と音色が
設定されていました。

ドレミファソラシド
ではなく

宮(きゅう)商(しょう) 角(かく) 徴(ち) 羽(う)
です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です