摂食障害と盂蘭盆会

過食症の方のブログ
拝見しました。

食べ物を粗末にするとは
何事かと

家族から
世間から
地獄の責め苦を受けて
おられます。

この家族に

盂蘭盆経の
木蓮尊者の
たとえ話の処方箋

贈ります。

義務教育を終了するほどの
知性がありながら

適切な食べ物摂取ができないのは

無意識にある
トラウマが原因です。

木蓮尊者の母親のような
餓鬼がいるのです。

道徳観の欠如ではありません。
欲が深いからではありません。

むしろ反対です。

人間のこころは
時に
自分の意思ではどうにもならない
無意識の支配を受けてしまうのです。

だから古来
坐禅や瞑想をして
それ(無意識)を観察してきたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です