お盆休みにPTSD再考するクライエントの夢

はじまりは
10年前の過呼吸
パニック発作が
続くようになったと思ったら
ある些細な出来事が
きっかけで
うつ状態みたいになって
カウンセリングに罹った。
いろんな診断名ついて
薬も飲んでるけど
本当の診断名は
(専門家でもないし)
わからない。
ま、いっか!って
思ってたら
最近、急に
PTSDですって   ←現代用語から削除された言葉       
言われて
それ、なんか聞いたことあるよって
思ってたら
あなたは
幼い時に虐待にあってるし
大人になってからは震災にあってるから
トラウマがあって
感情鈍磨になってますよ。
お薬減らして
カウンセリング
がんばりましょうねって
言われた。
わけわからないけど
主治医を信じるしかないのに
お盆休み
不安だなぁ…
爆睡し      ←不安との関係気づいてください!
主治医の夢見たこと
思い出したが
内容は思い出せない。
核心的なことに気づいた
夢です。
しっかり思い出しましょう。
「主治医は幽霊か?」
躁的防衛
(マニックディフェンス)しないで
そこを直視しましょう。
ブログだと
ヒステリー
(PTSD)はついつい
読者を意識するから…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です