児童養護施設で男児にわいせつ&暴行で逮捕の24歳職員

岡山市の児童養護施設で

今年3月

24歳の職員が
入所している男児(9)に
わいせつな行為をしようとして
嫌がられ
その男児の両手をつかんで
引きずるなどして
約2週間のけがを負わせた疑いで
逮捕されました。

「男児の身体に触ったが
ふざけていただけ」と
供述しています。

職員でありながら
わいせつ行為をし
自分がしたことを不問に
怒って暴力

短期間に
ひどい解離を起こしています。

何のためにこの仕事を
選んだのでしょう。

こころのケアが必要な男児に
こころの傷を与えたことは
大問題です。

男児のこころのケア

元職員の精神分析
(減刑のためではなく
世の中の安全のために)が
必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です