断食サボってクビのイランのマラドーナ・アリ選手とPTSD問題

イランのトップスター
31歳です。
イスラム教圏は
現在ラマダン中で
日の出から日の入りまで
飲食禁止なのです。
日本人なら
「えー!!」
「個人の自由だろ」
「食べなきゃ
トレーニングできない」
「人権侵害だ」って言いそうですが…
断食には
健康的にも
精神的にも
重大な意味があります。
何も宗教的なものではなく
仏教も
キリスト教も
断食瞑想からスタートしています。
無信教の日本人も
PTSDになれば
食べられなくなります。
残念なことに
病院の
栄養士や
看護士や
医師や
心理士が
一丸になって
「食べろ!」攻撃に終始しますが…
PTSDが治らないのは
発達障害や
人格障害扱いされるのは
こういうところに
原因があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です