誘いを断り車ではねられた女性~7年間の不安と恐怖

別件で服役中の無職の男(24)が
2003年9月
女子高校生2人を乗用車ではね
逃走していたことが
わかりました。
そのうちの一人
当時17歳だった女性(23)は
頭の骨を折り
聴覚などに後遺症があります。
交際を拒否され
腹を立てたらしいです。
そして覚えていません。
絵に描いた
解離人格ですね。
7年間犯人が不明だったわけで
被害者は
相当不安だったと思います。
恐怖の心理学的には
不安存在を
特定できないということは
どこからでも
現れてくる
ことを
意味します。
これは妄想ではありません。
誰だってそうなります。
普通の職業訓練ではなく
こころのケアが必要でしょう。
裁判も必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です