子どもの教育費等で1460万円着服した北銀職員

北陸銀行の40代男性行員が
顧客から集金した現金を
4年近くにわたって
着服していたことが分かりました。

着服総額は
およそ1千460万円に上ります。

「離れて暮らす両親の生活費や
子どもの教育費などにあてていた」などと
話しているということです。

着服金は利息を含めて
すでに男性行員が全額を弁済していて
北陸銀行はこの男性行員を
今月12日付けで懲戒解雇しました。

銀行員になれるような人が
横領するのですから

人格障害でも    ←面接に落ちます
発達障害でもなく  ←試験受かりません

PTSDでしょう。

銀行は
子どもの教育費も出せないくらい
薄給なのか?ということに
なってしまいますから

もう少し情報がほしい
ところです。

案外
貯金依存      ←不思議な依存症
ってことありますよ。

幼児期のトラウマが
大人になったその人の
金銭感覚を妙にしてしまうのです。

自分でもなぜ
そんなことするのか
わからないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です