高槻市小3女児自殺で校長が「こころのケア」派に転身

女児が通っていた小学校は

急きょ保護者向け説明会を開き

校長が
「子供たちの心のケア
取り組んでいきたい」と
話したようです。

児童には
新学期の全校集会で
説明する予定です。

誰かが
この子の持ち物に
「しね」と書いたようだが
そういうことは
この事件と関係ないって
言ってた校長先生なので

凄い心境の変化です。

よいことです。

しかしなぜ
大阪は
(二児遺棄死事件にしても)
子どもの命が消えてからしか
気づけないのでしょうか…汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です