茨城祖父殺害高2のスサノヲ的倒錯とPTSD被爆

茨城県で

県立高校2年の少年(17)が
逮捕されました。

「祖母が退院してきたのに
74歳の祖父が酒を飲んで
管を巻いたので
かっとなった」と

供述しています。

また
死亡が確認されたとき
「本当に死んだんですか」
信じられない様子だったそうです。

あきらかに
【解離】を起こして
暴れています。

おじいちゃんには
おばあちゃんとのあいだに
呑んで管を巻かねばならない
トラウマがあったのでしょう。

しかし
あまりにひどいトラウマは
いけにえを要求します。

見たひとが被爆するのです。

大蛇を倒したスサノヲに
自分を重ねてしまった
悲劇でしょう。

しかし
管を巻くって凄い言葉ですね。

集合的無意識の底では
大蛇がとぐろを巻いて
変容しようと待ち構えてますからね。

そういう事情ですから
未成年でもありますし
処罰のほかに

PTSDとして
神話的に無意識を探りつつ
こころのケアが受けられるように
配慮を願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です