大阪で虐待支援市民シンポ

二児遺棄死事件を受けて
19日に行われました。

参加市民30人は
少ないですが…

猛暑ですからね。

専門家からは
虐待通報は
★国民の義務
★スピードと想像力が大事
 (マニュアルは通用しない)と

勢いのある提言ですが
(御説ごもっとも!)

現場からも意見が出されました。

電話相談員や弁護士は
★相談者(加害者)との信頼関係
 思い
 躊躇してしまう。  ←方法が示されるべきところ   

母親(加害者)支援者が
★子どもの安定=支援終了
 ではなく
 加害者支援もしてあげてほしい。  

加害者を単に犯罪者扱いするのではなく
長期的に支援していく姿勢が
強まったのは
(本来的理想的です)

二児遺棄死事件によるところが
大きいでしょうね。

虐待問題は
みんなで哲学できるまでに
成長しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です