留置所から逃走した男性の超能力開発

青森市の留置場から

拘置中の33歳男性が逃走しました。

緊急配備が敷かれ
1時間半後に
約1・5キロ・メートル離れた
路上で取り押さえらえましたが…

多重人格者のビリー・ミリガンを
思い出しました。

養父に虐待を受けていて
天井から吊り下げられていた彼は

縄抜けの名人になりました。

不幸な環境では
トラウマも負いますが
妙な特技が開発されるんですね。
師匠なしで。
人間どんな状況でも
生きなきゃいけませんから。

PTSDの人は
(犯罪者でなくても)
必ずそういうところが
あるはずですから

それを武器に
個性化していくように
思います。

もちろん犯罪に活かしては
なりませんが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です