性同一性障害とPTSD

心と身体の性別が
一致しない人たちがいます。
小中学校では
子どもが希望すれば
性別の変更を認める事例が
増えていますが
制服や水泳の授業などをめぐって
周囲の対応に苦しむ子どもは
多いようです。
大阪で昨日開催されたセミナーで
GID学会理事長の
産婦人科医は
661人の受診者のうち
4分の1が不登校を経験
7割は自殺願望
をもって
いたと報告しました。
周囲の理解がないと
トイレ1つとっても
大騒ぎされ
自分の存在に関しての
過小評価や孤立感に悩み
自殺や自傷行為に発展することも
あります。
性の不一致=障害ではないですが
トラウマティックな問題と
直結していると
言えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です